私が愛してやまない物たち。マスキングテープ・コラージュ・スクラップブッキング・レース・ボタン・シール・スタンプ

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

あや

Author:あや
こんにちは!あやです(*ノωノ)

可愛い雑貨…とくに紙雑貨が大好きで、いろいろ手作りしたり、購入したりしています。
モットーは低コストで最大限楽しむことです!
ダイソー・セリア・キャンドゥetc…100円ショップ大好きです♥
つたないブログですが、どうぞよろしくお願い致します(・∀・)

2012/6/21
Yahoo!ブログから引っ越してきました(*´д`*)

こちらは1日1回、どれかひとつ
ポチッと応援お願い致します(*ノωノ)

にほんブログ村 雑貨ブログ 布雑貨・紙雑貨へ

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
ご訪問に感謝します(*´∀`*)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくてん(*´∀`*)


タックシールへの印刷の仕方(・∀・)デザイン編②

こんばんは(・∀・)ノ
意外と、がんばって、コンスタントにブログやってますヽ(・∀・)ノ
あやです(●´ω`●)ゞ
褒めて!(爆)

さて、今夜も連載(?)中のアレのつづきです。
タックシールへの印刷の仕方(・∀・)デザイン編②

中身は、テキストボックスの挿入ですが(笑)
これ、結構便利な機能なので
このタックシールに限らず、どんどん使って下さいね(*´ェ`*)

だんだん、紙ものブログなのか
パソコン(word)ブログなのか、わかんなくなってきましたが
そろそろ折り返し地点なので
どうぞよろしくお願いします(*´д`*)

今日は、とっても画像が多いです。
使用予定画像の数、45個!(笑)
入りきるか不安ですが、がんばりますね(´∀`;●)

では、昨日の続き…

1_2014042318504916f.jpg

表の塗りつぶしが終わったところから
今日もお付き合い、よろしくお願い致します(*´ェ`*)

ではまず、テキストボックスについて、簡単にご説明しようと思います(・∀・)

word2010において、テキストボックスは
「好きな位置に自由に文字を配置できる船のようなもの」
と、考えてみて下さい。

普段、wordで文書を作るときって
文字は改行した位置に、縦書きなら、縦書きで。
横書きの文書なら、横書きでしか入力できないですよね。

でも、テキストボックスを使えば
まるで、文字を画像のように
好きな位置に配置することができちゃうんです(*´ェ`*)

wordの「紙面」という海を自由に動き回る船のようでしょ(*´艸`*)
しかもその船は、改行の位置に囚われることなく
端っこでも、真ん中でも、好きなところへ行けるので
広報誌や新聞のようなものを作るときにも
すごーく便利です(・∀・)b

今回はタックシールという限られたフレームの中で
できる限り、シールの中央に文字を配置したい!という
私の強い希望のために
テキストボックスを利用して、文字を配置しました。

ちょっと説明するとややこしいので
画像を大量に用意した
ので
画像を見つつ、ぜひ
テキストボックスにチャレンジしてみて下さいヽ(・∀・)ノ

では、早速テキストボックスを挿入します(・∀・)

1_2014042318504916f.jpg

wordの左上部にある「挿入」というタブをクリックして下さい(・∀・)

1-2_20140423185050b54.jpg

すると、「挿入タブ」のリボンが開き、ボタンが出現します(・∀・)b

2_201404231850510a0.jpg

この中から「テキストボックス」と書かれたボタンをクリックします。

2-2_20140423185052222.jpg

すると、ばらばら~とボタンが表示されるので

3_20140423185054bc2.jpg

このボタンの下部にある「横書きテキストボックスの描画」をクリックします(・∀・)

3-1.jpg

すると、マウスポインターが+のようなマークに変化します(・∀・)

3-2_20140423185108e90.jpg

こういう感じ(・∀・)

そしたら、このマウスポインターを
左上から右下に向かってドラッグしながら
※ドラッグ=マウスの左ボタンを長押したまま移動させること

3-3.jpg

こんな感じに…

3-4.jpg

ぐぐぐぐ…と引っ張って…

3-5.jpg

こんな感じに広げます(・∀・)b
で、マウスの左ボタンから指を離した瞬間に

4_201404231851253b3.jpg

こんなふうに、白く塗りつぶされた四角が出現するはず。
これが、テキストボックスです(・∀・)b

では、今度は、テキストボックスの黒い枠線を消します(・∀・)

テキストボックスは基本的に挿入された瞬間から、
白く塗りつぶされた背景と、黒い枠線を持って生まれて(?)きます。

現時点で枠線を消しても、まだ白い背景を残しておくので
テキストボックスの範囲がわかるから安心です(・∀・)

では、この「描画ツール」内の「図形の枠線」をクリックして下さい。

4-2_2014042318512684c.jpg

すると、前回表を塗りつぶした時と同じような
カラーパレットが現れます(・∀・)

5_201404231851274b3.jpg

このカラーパレット内に「線なし」というボタンがあるので
そこを押して下さい(・∀・)

5-2_201404231851292e0.jpg

すると、テキストボックスに
かなり小さいですが、変化が起こります(・∀・)

6_20140423185130fd5.jpg

↑ こんなだった枠線が…
こうなります 

6-1.jpg

分かりにくいですね(´∀`;●)
えーと、黒い枠線が外れただけです(笑)

では、次に文字を入力します(・∀・)

今回は私の作ったシールに忠実に「FRAGILE」と入力しました(・∀・)
ふらじーる:ふらじゃいる:割モノ注意みたいな輸送用語です(・∀・)

6-2_201404231851442c1.jpg

でも、ただ入力しただけだと、文字がテキストボックスの中央に来ていませんね。

7_201404231851455db.jpg

そこで、この文字をテキストボックスの上下中央に設定します(・∀・)


描画ツール内の「文字の配置」ボタンをクリックして…

7-2_20140423185146f88.jpg

その中から、「上下中央」をクリックしましょう(・∀・)

8_201404231851476fc.jpg

このボタンです(・∀・)

8-2_20140423185204041.jpg

すると、テキストボックス内の文字が

9-2_20140423185207d78.jpg

↑ ここから…
こっちに移動します 

9-3.jpg

でも、まだ真ん中とは言えません(・∀・)

そこで、今度は、左右中央に設定するために

ホーム」タブをクリックして、「中央揃え」のボタンをクリックしましょう(・∀・)

9-1.jpg

中央揃えのボタンは  これです(・∀・)
すると、テキストボックスの文字が

10-2.jpg

こうなりますヽ(・∀・)ノ
これで、上下左右中央の、ど真ん中ヾ(o ・∀・)ノ ダー

11_20140423185230046.jpg

こんな感じです(・∀・)b

では、ここらでテキストボックスの文字の色を変えましょうか(・∀・)b
文字=フォントを変更するには
ホームタブのなかにある、このボタンを使います(・∀・)

20.jpg

Aのアルファベットの下に、赤い座布団のようなものがついているボタンです。

文字の色を変えるには、色を変えたい文字列を選択して
このボタンを押し、出てきたカラーパレットから

21.jpg

変えたい色をクリックすると
(※今回の場合は白)

12_20140423185231565.jpg

文字が、白くなり、白いテキストボックスの背景に混ざって
一時的に見えなくなります(・∀・)b

でも、今度は
テキストボックスの白い塗りつぶしを透明に変えるので大丈夫!

いま使っているホームタブから、また先ほどの
描画ツール内の書式タブに戻して
図形の塗りつぶし」ボタンを選びます(・∀・)

14_201404231852545ae.jpg

その中から、「塗りつぶしなし(N)」のボタンをクリックしましょう(・∀・)

すると、いままで真っ白だったテキストボックスの背景が

15_20140423185255d45.jpg

このように、透明になるので
表の背景色の赤が見えるようになり
白くなった文字が再び読めるようになりましたヽ(・∀・)ノ



~閑話休題~

では、ここらでフォントの形やサイズを変えようと思います。


折角のシールなので、もっと自由にフォントを変えたいですよね!

そこで、テキストボックス全体の文字を変えたい時に
便利な小技(?)を紹介しますヽ(・∀・)ノ

それは、テキストボックスの「選択」の仕方です。

普通にテキストボックスの中央を一度クリックしてみましょう。
すると、テキストボックスの中には
文字を入力するためのカーソルが表示されていると思います。

15-1.jpg

カーソルが表示されている場合、フォント(文字)の色やサイズ・形を変えるには
文字列を選択する必要がありました。

でも、テキストボックスには
カーソルが表示されない、もうひとつの選択状態があるのです(・∀・)b

それは…

15-2.jpg

↑ このキャプチャーのように
テキストボックスの枠線のところをクリックした状態です。
※枠線を透明にしても、選択中は点線が現れるので、その点線のところをクリック

すると、カーソルが消えて、文字を入力したりできない代わりに
テキストボックス全体を選択しているのと
同じ効果が得られます(・∀・)b

15-3.jpg

点線の上をクリックすると、その枠が実線になります。
この状態が、「テキストボックスを選択している」もうひとつの状態です。

テキストボックス内すべてのフォントを変更したり、サイズを変えたいとき
いちいちドラッグして文字を選択するのは面倒ですよね。

ぜひ、この選択を使って、簡単にフォント変更をしてみて下さいヽ(・∀・)ノ



では、本題に戻りますヽ(・∀・)ノ
フォントの形やサイズを変えるには
先ほど、フォントの色を白に変更したときと同じで
ホームタブ内のボタンを使います(・∀・)b

16-1.jpg

↑ このキャプチャーはクリックで大きく表示されます(・∀・)b

赤の枠線で囲まれている①は、フォントの形を変えるところ。
②は、フォントのサイズを変えるところ。

ではまず、形から変えてみましょうか(●´ω`●)ゞ

16_2014042318532202f.jpg

①の右端にある▼ボタンを押すと
みなさん、それぞれのPCに入っているフォントがばらばら~と出てきます。

どのフォントがいいかは、みなさんの好みで選んで下さいヽ(・∀・)ノ

ちなみに、今回私は
Arial Black」というフォントを使ってみました(・∀・)

PCに入っているフォントの種類は、それぞれ違うので
私と同じフォントがなくても気にしないで下さいね(*´ェ`*)

ちなみにフォントの一覧は上から
最近使ったフォント A~Z順」

「日本語(全角)に使えるフォント A~Z順」

「アルファベット・数字(半角英数字)のみ使えるフォント A~Z順」

で並んでいます。

Arial Black というフォントは、半角英数にのみ使えるフォントなので
比較的下の方の、Aの位置にあるものです。

フォントを探す際に参考にしてみて下さいね(*´ェ`*)


では次に、フォントのサイズを変えてみます(・∀・)
②のところのこれまた右側にある▼ボタンを押して下さい(・∀・)

すると

17.jpg

こんな感じに、数字がばらばら~と開きます。

これらの数字は、文字のサイズを表していて
基本的に、ワードは一番最初は
10.5ポイント」のサイズになっていることがほとんどです。

これも、みなさんのお好きなサイズで良いので
選んでみましょう(・∀・)b

17-2.jpg

私は、今回は20ポイントにしてみました(・∀・)

18-2.jpg

余談ですが、フォントのサイズは
フォントの種類(形)によって
同じポイント数でもかなり開きがあります。

あまり大きなサイズにしすぎると
テキストボックスの枠内に表示しきれなくなって
見切れてしまったりするので
ほどほどで選んでみて下さいね(*´ェ`*)

ついでに、お話しすると
フォントのサイズを変えるとき
なんだか、サイズが飛び飛びだな~って思いませんか?

10.5の次は11なのに、11の次は12だったりして。
あれ?11.5じゃないの?
みたいな。

実はこれ、使いやすそうなサイズをサンプルで表記してあるだけなんです(・∀・)

文字をすごく大きくしたいとき
このポイントのリストから選ぶと、最大が72ポイントの文字ってことになりますが
72ポイント以上の文字が使えないわけではなくて

中途半端なサイズや、大きなサイズ
逆に小さなサイズのフォントを使いたいときは
▼マークではなくて
数字が表示されている枠内に、
直接数字を入力しちゃえばいいんですよ♪

なので、実際には
11.5ポイントのサイズもあるし
200ポイントのサイズもあります(・∀・)

ただし、「10.8」みたいな数値はダメみたい。
あくまで、0.5ポイント刻みと考えるといいかもしれませんね(・∀・)b

ということで

19.jpg

テキストボックスを挿入して
好きなフォントサイズ、好きなフォントの種類に変えることはできましたか?

説明で分かりにくいところがあったら
ご質問下さっても大丈夫です(・∀・)b

お答えできる範囲でお答えしますヽ(・∀・)ノ

これで、
タックシールへの印刷の仕方(・∀・)デザイン編②
は、とりあえず終了です。

かなり長い記事で
使った画像数も、過去最大かも。

書くのも、画像の用意もいささか疲れましたが
あとちょっとなのでガンバります!


次回は
タックシールへの印刷の仕方(・∀・)デザイン編③
と題して、今回作ったテキストボックスのコピーをご説明する予定です(・∀・)b


こんなになが~い記事に
お付き合い下さり、ありがとうございました(*´ェ`*)

できたら、ご感想やご意見のコメントいただけると嬉しいです(*´д`*)
おねだり(´゚ω゚):;*.':;ポンッ

それでは、今夜もお付き合いありがとうございました。


よかったら、応援よろしくお願い致します(*´ェ`*)

にほんブログ村 雑貨ブログ 布雑貨・紙雑貨へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

C

omment


こんばんは。はじめまして。
かあしゃんと申します。
すごい!すごいですよ!
おばちゃんにも良くわかる\(^o^)/
このシリーズが終了したらやってみようとウズウズしてます。
テキストボックス(゜o゜)早く使ってみたい。
このシリーズとてもとても
ありがたいです(*^。^*)

かあしゃん URL | 2014/04/23 21:56 [ 編集 ]

助かります
はじめまして。
wordの講座、どのテキストよりわかりやすいです(笑)
みなさんwordでいろいろ作っておられるので、挑戦したいと思っていました。
印刷編まで楽しみにしています。
そしてこれからもよろしくお願いします。

yuki URL | 2014/04/24 10:37 [ 編集 ]


初コメです!
こんなに詳しく丁寧に教えてくださってありがとうございます♪
今までこっそり見ていましたが(笑)、どうしてもお礼が言いたくて(^^)

作ってみたいけど、どう作ればいいのか分からない、という初心者にとって、すごくありがたいです(TωT)

あやさんのアイディアにも脱帽ですが、どうやってそれが出来ているのか、こういったシリーズもたまにやっていただけると嬉しいです(///∇//)

ぽっちまる URL | 2014/04/24 10:42 [ 編集 ]

>かあしゃんさん
初めまして(*´ェ`*)
ご訪問&コメントありがとうございます。

よくわかると言っていただけて、なんだか報われた気分です(*´д`*)
キャプチャー撮って、加工して…の繰り返しに、若干疲れてきていたのですが
やってみたいと言って下さる方がいるのであれば
もっともっと頑張りますヽ(・∀・)ノ

一応、次の記事で、印刷まで終わる予定なので
お付き合い、よろしくお願い致します(*ノωノ)
ありがとうございました^^

あや URL | 2014/04/24 17:28 [ 編集 ]

>yukiさん
初めまして(*´ェ`*)
word、どう説明したら分かりやすいか悩みに悩んで
画像に頼ることにしました(笑)

挑戦したいと言って下さったこと、すごく嬉しいです(*´д`*)
印刷編は次回の更新ですが
早ければ、今夜にも~と思っています(*´ェ`*)
こちらこそ、どうぞよろしくお願い致します(*´ェ`*)

あや URL | 2014/04/24 17:30 [ 編集 ]

>ぽっちまるさん
こんにちは!
先日もブログ拍手とコメントを送って下さっていたぽっちまるさんですよね?(*´ェ`*)
本当にありがとうございました(*ノωノ)
実はぽっちまるさんが下さった拍手コメントを拝見して、この企画(?)記事を思いついたのです^^
なので、ぽっちまるさんに喜んでいただけて、とても嬉しいです(*´д`*)

この印刷の方法は、応用すると、ほかのサイズのタックシールにも使えます(*´ェ`*)
なので、もしチャレンジされるのであれば、ぜひぜひ色々試してみて下さいませヽ(・∀・)ノ
では、次で最後の記事になるので、しばしお待ち下さいませ(●´ω`●)ゞ

あや URL | 2014/04/24 17:34 [ 編集 ]


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://ilovecollage.blog.fc2.com/tb.php/172-273aae35


Instagram
私がInstagramに投稿した写真の最新を表示しています。
※ときどき広告も表示されてます。
ピックアップ記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
あやが持っている本


















あやの欲しい本