私が愛してやまない物たち。マスキングテープ・コラージュ・スクラップブッキング・レース・ボタン・シール・スタンプ

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

あや

Author:あや
こんにちは!あやです(*ノωノ)

可愛い雑貨…とくに紙雑貨が大好きで、いろいろ手作りしたり、購入したりしています。
モットーは低コストで最大限楽しむことです!
ダイソー・セリア・キャンドゥetc…100円ショップ大好きです♥
つたないブログですが、どうぞよろしくお願い致します(・∀・)

2012/6/21
Yahoo!ブログから引っ越してきました(*´д`*)

こちらは1日1回、どれかひとつ
ポチッと応援お願い致します(*ノωノ)

にほんブログ村 雑貨ブログ 布雑貨・紙雑貨へ

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
ご訪問に感謝します(*´∀`*)
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

らくてん(*´∀`*)


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならムクちゃん(´・ω・`)

2013年2月10日。
小学校のときから一緒に暮らしてきた愛犬ムクが死んだ。
16歳だった。



私にとっては、初めてのペット。
一軒家の自宅に越してきて、約半年後のことだった。

迷い犬、というか捨て犬だったムクを見つけて
紆余曲折の上、なんとか飼えることになったときの喜びはいまでも覚えている。

私は、小さい頃から犬や猫が苦手で
祖母宅にいる猫が怖くて、よく泣きながら逃げたものだった。
いまの私からは想像もできないくらい、怖がりで

そんな私の「動物が怖い」という認識を
動物大好き!に変えてくれたのが、ほかでもないこのムクだった。

もしも、このこに出会わなかったら。
私は今も、動物に怖いと怯える大人だったかもしれない。


初めての犬を連れた散歩。
真新しい緑色のリードを、2歳年下の弟と奪い合うようにして、取り合いになりながら歩いた。

初めて買った首輪。
ペットショップで、悩みながら選んだパステルカラーの緑色が、鮮明に焼きついている。

初めてのしつけ。
なかなか「おすわり」を覚えてくれなくて、やきもきしたけれど、やっぱり可愛かった。

いたずらで、何足の靴やスリッパをダメにされたかわからないけれど
犬って可愛い、ということを教えてくれたのもムクだった。

「ムク」は、弟がつけた名前だったけど、私も気に入っていた。
最初は、オスなのかメスなのか分からなくて、男の子のような名前になった。


いつの間にか、ムクは老いて、あまり運動したがらなくなったけれど
ご飯は大好きだったし
ブラッシングされると、気持ちよさそうに伸びをしていた。
だから、なんとなく、いつまでも、一緒に居られると思っていたように感じる。

成犬になってから、一度も噛まれたことがなかった。
なのに、認知症になって、初めて噛まれた時の衝撃も忘れられない。

ああ、私のことわからないんだなぁ、と
じわじわ来るショック。

でも、それでもよかったのだ。
相変わらず、ご飯は食べてくれたし、ブラッシングも大好きだった。

夜泣きが始まって、徘徊が始まって、自分がしたうんちを踏み散らかすようになって
認知症はどんどん進んでいった。
毎日毎晩、2時間置きに、わんわん吠える声。
ひどいときは、10分おきに鳴いて、人を呼ぶ。

母も私もクタクタだったけれど
時に文句を言いながら、それから冗談を言いながら、粗相を片付けて

この時間が、やがてくるお別れの予行演習だということに
見て見ぬふりをしてきた。


けれどある日、ムクは食事に興味を示さなくなった。
食いしん坊で、とうとう最後まで「待て」ができなかったこなのに
柔らかいお肉の缶詰に見向きもしない。

鼻が詰まって呼吸が苦しそうだから
お世話になっている獣医さんに連れて行き、薬をいただいた。

鼻の症状はぴたりと止まったけれど、よく眠るようになっただけ
相変わらず、食事はしたがらないまま、1週間。


ムクは死んだ。
お昼に、出かけようとしていた母の声に珍しく反応を示して、すぐに。

驚く母の声に呼ばれた私が階下に下りた頃には
ムクはもう呼吸もしていなかった。

それから1時間くらい
玄関先で、ムクを抱っこしたまま、ふたりで泣いた。
覚悟していたはずなのに、やっぱりすごく悲しかった。
2013年2月10日の正午のことだった。


そして、今日、ムクをお骨にしてもらってきた。
前回ミィをお願いしたのと同じ火葬場で、焼いてもらったムクをつれて帰ってきた。

焼く前は、ムクの形がなくなってしまうことを恐れていたけれど
火葬してもらったお骨をつれて帰ってきたら、不思議なくらい気分が落ち着いた。


ムク、ありがとうね。
向こうについたら、ミィと仲良くしてね。

ムクのおかげで、ミィやマック、ももとも出会うことができたのだ。
マックやももも、いずれはお別れのときがくるのだろうけれど
それまで、できるかぎり、一緒にいたい。



以上、長い独り言。
読んでくれた方、ありがとうございました。

2013年2月12日
あや。

スポンサーサイト

C

omment

RIP
ムクちゃんと長い間過ごせてうらやましいです。
うちの最初の犬の最後の方は、やはり病気で噛むようになってしまいました。でも大好きでした。それから3匹見送りましたが、いつも悲しい気持ちで全く慣れる事ができません。ムクちゃんはあやさんがお休みの日までがんばってくれたんですね。これからもいつも見守ってくれると思いますよ。
又会える日まで。

Zoe URL | 2013/02/17 19:14 [ 編集 ]

No title
はじめまして。
突然のコメントでごめんなさい。

私も18年一緒だった愛犬が去年亡くなりました。
あやさんと似ている所が多くて、思わずコメントしてしまいました。
私の愛犬も一軒家に引っ越して初めてのペットで、兄弟と取り合ったりしてました(^^)
うちは保健所に連れていかれる直前の仔犬で、雑種でしたがとてもとてもかしこいこでした。
でも、年と共にムクちゃんと同じようになりました。

耳も遠くなって、目も見えなくなって、夜泣きや、ご飯食べたことも忘れちゃって、排泄したものもぐちゃぐちゃになってしまうので、すぐに綺麗にしてあげたり、寝てることが多くなって、床擦れが出来てからは母か毎日抱っこして散歩に連れていってくれました。

状況があまりにも似ていて、涙がとまりませんでした。
私は県外に嫁いだので、愛犬とさよならが出来なかったので、ムクちゃんはとても幸せだったと思います(^-^)
とても感謝してると思います(^-^)

かなりの長文ですみませんでした(T-T)
また遊びに来させてくださいm(__)m

haru* URL | 2013/02/18 20:57 [ 編集 ]

>Zoeさん
ペットを飼っている以上、その子を見送ることになることは初めから分かっていたことですが
いざ、その時が来ると、やはりどうしてもやるせない気分になってしまうものですね。

もっともっとしてあげればよかったなぁ、と思うこと。
一緒にいる時間や、遊びに連れて行くこととか
後悔することばかりですが
どんな別れ方だったとしても、悲しまずにはいられないのでしょう。

でも、それが分かっていても、最初からお別れを気にしているのはもったいないことだと気づきました。
お互い、お別れには慣れませんが、慣れないままでいることは、とても大切なことなんだと思います。

あや URL | 2013/02/25 21:47 [ 編集 ]

>haru*さん
初めまして、コメントありがとうございます。
すごく、嬉しかったです。

きっと、haru*さんちのワンちゃんも、幸せだったんだろうなって思いました。
ムクは、床擦れができる前に、食べることをやめてしまいましたが
いつも床擦れになっていないか気にして、よく寝返りさせていました。

ムクを飼い始めた当初の、小学生の頃は
まさか、愛犬の「介護」をする日がくるとは思ってなかったのですが
生き物ですものね。

でも、ボケても、私のことを誰だかわからなくなっても
可愛いものは可愛いんですよね(笑)
最期の頃は、まるで赤ちゃんのように、抱っこされて眠るのが好きな子になっていました。

早いもので、ムクが亡くなって、もう2週間が過ぎましたが
自宅にはまだ、ムクのお骨が置いてあります。
もう少しだけ、一緒にいたいなぁ。

あや URL | 2013/02/25 21:56 [ 編集 ]


Instagram
私がInstagramに投稿した写真の最新を表示しています。
※ときどき広告も表示されてます。
ピックアップ記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
あやが持っている本


















あやの欲しい本
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。